April 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

インスタントFX シンプルなFXシステムトレード

インスタントFX シンプルなFXシステムトレード

1.朝、パソコンをつけて「ある数字」を確認。

2.その数字をもとに、「ある足し算と引き算」をする。

3.その結果をもとに、「ある方法」で注文を入れる。

毎日たった5分の単純作業の繰り返しだけで、17日間で293,250円も稼ぎだしてしまったFX投資法を…

インスタントFX リスクコントロール

リスクコントロールの方法も学べます

何通りかの手法を、自分で選択できるようにしてあります(
もちろん私の推奨の方法も明記しています)が、
利益を重視してある程度リスクを取っていくか?
リスクを抑えて堅実にいくか?を選択する際、
何に着目して選択すればいいかを示してあります。

これは私の手法に限らない、システムトレードのリスクコントロールを
学ぶことにつながります。

インスタントFX リスクは限定

レバレッジ10倍程度で年利100%を狙えることがわかっています(将来にわたって保証するものではありません)。

レバレッジ10倍程度であれば過去の最大ドローダウンも25%以下ですので、
非常にリスクの小さい投資手法と言えます。

リスクを取って大きく取りに行きたいという場合、
レバレッジをコントロールするだけでそれが可能になります。

また、複利運用の方法次第では5年以内に
100万円を1億5000万円以上にするような、
強烈な収益を生むことも可能です(過去の検証結果より)。

外国為替保証金取引(FX)税金について

反対売買による差金決済によって1年間に確定した売買損益(トレード及びスワップ金利損益の合計から必要経費(委託手数料等)を差し引いたもの)は、「雑所得」として課税の対象になります。未決済のポジションについては課税されません。

年間の給与所得額が2,000万円以下の給与所得者で、かつ給与所得及び退職所得以外の所得(雑所得等)の合計額が20万円以下の方、給与所得のない人は38万円は確定申告をする必要はありません。


1,雑所得
年金や恩給等の公的年金等、非営業用貸金の利子、著述家や作家以外の人が受ける原稿料や印税、講演料や放送謝金等のように、他の9種類の所得(利子所得、配当所得、事業所得、不動産所得、給与所得、退職所得、譲渡所得、山林所得、一時所得)のいずれにも当たらない所得をいいます。

2,必要経費
雑所得では、その所得を獲得するために生じた必要経費の支出が認められます。その経費を確定申告の際に届け出ることにより、所得の総額から控除出来ます。

外国為替保証金取引(FX)バーチャル取引

 外国為替保証金取引(FX)は実際に始める前にバーチャル(仮想)取引で試すことができます。

仮想マネー500万円をどれだけ増やせるかを競う為替ゲームです。入賞者には豪華賞品なども用意されており、だれでもカンタンに参加ができます。

 バーチャル取引といっても実際の為替レートで試せることもあり、かなり実践的なものとなっています。

 外貨証拠金取引がハイリスクな商品であることを考えれば、初めての方は一度バーチャル取引を体験してから実際の取引を始めても遅くはないはずです。

ゲーム感覚で学べるバーチャル為替取引「FX1」!


外国為替ゲームの決定版!『バーチャルFX』
あの「アルファロメオ」をはじめ総額500万円相当の豪華商品が当たる!!


外国為替保証金取引(FX)とは

外国為替保証金取引(FX)は、1998年の外為法自由化に伴って登場した商品です。

「外国為替保証金取引」とは外国為替の売買を、小額の証拠金(保証金)を業者に預託し、差益決済による外国通貨の売買を行なう取引です。金融派生商品(「デリバティブ」)の1つ。「FX」、「通貨証拠金取引」、「外国為替保証金取引」などともいう。


短期的な為替差益狙いや、外貨預金以上の効果を得ることできる中長期的な資産運用手段として、昨今注目を浴びています。

「外貨証拠金取引(FX)」は怖い・・・・・?

 外国為替保証金取引(FX)に対して、怪しいとか危ないものといったイメージを持たれている方もいらっしゃると思います。

残念ながらこういったイメージは、過去に一部の業者によって起こされた事件も影響しています。


 外国為替保証金取引(FX)のリスク

外国為替保証金取引(FX)自体はレバレッジ効果があるためハイリスク・ハイリターン商品です。ただし、期日がないし,注文方法も色々ある。通貨を組み合わせられ、長期のポジション保有などうまく使い分けことによりリスクが軽減できます。

 私も最初は少し不安でしたが実際に外国為替保証金取引(FX)してみると、そういったイメージは払拭されました。

1
pagetop